【CODE VEIN】コードヴェインは大化けの可能性がある新作死にゲー??【体験版/感想/レビュー】

2019年10月31日

どうもです。mitsuです。

2019年9月3日よりCOADVEIN(コードヴェイン)の体験版が配信されましたね!

私自身は「ダークソウル」と「ゴッドイーター」は好きなゲームの1つ。一体どんな感じなのか?

実際にプレイしてみての感想や操作感、良かった点とちょっと微妙かな?って思う点も紹介していきたいと思います!

キャラクタークリエイト

↑デフォルトでもこんな感じ。適当にいじってもカワイイなんてすぐに出来てしまうんです!

最初に名前とコードネーム(マルチ時に呼ばれる名前)を入力後にキャラクリ画面へ。

「体格」「髪型」などの基本的な部分を抑えつつ、「浄化マスク」や「マスクフレーム」などの本作ならではのモノも変更できるようです。

私はキャラクリ自体は得意ではないですが、どうやってもイケメン系やカワイイ系のキャラが作成できるので躓くことは少ないハズ。どのパーツも量が多くオシャレなデザインが多いので迷ってしまうほどですね!

ほぼ製品版に近いということで、最近のゲームとしては特に細かい設定まで出来るようでかなりのボリュームでした!ここで上手く作れなくても一部以外は後々「拠点」で変更できるようですよ~。

なぜか乳揺れまで再現するキャラクリ、侮りがたし。※男性の方は是非一度は動かしてみてね。

グラフィック

↑重厚な鎧ばかり着てきた人にとっては新鮮なグラ。GE系が好きな人は特に刺さるのではないかな?

グラフィックに関しては先の「死にゲー」達と比べてしまうと細かさという点ではやや及ばないものの、アニメ調と半分リアルな造形物が以外と違和感なく融合しているなって感じです。

人によっては「粗い」「しょぼい」と思いますが、気持ち悪い敵とか怖い敵などの演出を見てきた方にとってはマイルドなクラフィックなので逆に新鮮さはあるかと思います。

極端にアニメ調が嫌いではない限り、全然馴馴染みやすいグラフィックかな。

ちょっと微妙かなって思うのは、探索フィールドが単調な感じはありましたね、探索しててもずっ変わらない背景が続くので代り映えしないなって印象はありました。

吸血牙装

↑装備した吸血牙装によって攻撃モーションに変化が!これはスティンガータイプ。伸びた尾がいい感じ!

吸血鬼達は吸血牙装(ブラッドヴェイル)と呼ばれる衣服を装備してカッコイイ吸血攻撃が可能!

〇ボタン押し続けで「吸血」という攻撃が出来るようで成功すれば「冥血」を吸収し「冥血ストック」の最大値も上がるようです。上記画像右下の【16/16】が冥血値。

さらに隣の8個の四角い枠達が「錬血」という技スキル枠。使うにはR2を押しながら各種対応したボタン(〇△□×のいずれかか十字キー)を押すと発動。冥血を消費し、消費量はスキルによってまちまち。

完全に専門用語なので・・・。

「吸血」⇒「冥血」というスキルポイント吸収と最大値UP。

「錬血」⇒各種スキル。使うには「冥血」を消費。

というところでいいのか?名前って難しいね。

錬血(スキル)は攻撃技から補助的なものまであり、使用するとリロード時間があるものの攻撃技なら派手な大技から使いやすいコンボ技、補助なら一時的に攻撃力UPやバディーのHP回復まで様々。初めは使いやすいスキルから組み込んだほうが良さそうだと感じました。

使っててちょっと気になったのが・・・。

通常攻撃中にR1と〇同時で「吸血」できるコンボも出来るんだけど、受付時間がね、というか確り入力されないような状態が多々発生。もしかしたらスタミナが関係しているんでしょうか?。

コンボ吸血は異常にスタミナ消費が高く、多分本作のウリの部分だと思うんだけど攻撃していると当然スタミナを消費するから使いたいときに使えないから正直使いづらさがあったね。

どうせならほとんどスタミナ消費なく通常の吸血は溜めモーションや演出も速くしてほしかったな。混戦時とかボス戦だったら使ってる暇ないからね~。

ブラッドコード

ブラッドコードと呼ばれるモノを装備することでプレイヤーのステータスに変化が起こり、脳筋や技量剣士もすぐに作れてしまうんだって。これによりレベルの振り直しは不用なようです~。

ブラッドコードごとに使用できる錬血(スキル)やパッシブ系(最大HPUP等)の常在スキルが違うので自分に合ったスタイルを見つけるのも楽しみの1つ。新たなスキルはヘイズ(通貨的なもの)で解放出来るようですよ。

ローディング速度

コードヴェインのリトライ時の速さは他の「死にゲー」に比べて圧倒的に速いです。

私のPS4は外付けSSDに換装しているので元々速くはなっていますが、その状態で全滅後から約3秒程で再開することが出来ました!HDDでどうだったかは分かりませんが!

リトライ時以外特にゲーム開始時はちょっと遅めではあるかも。SSDで12~13秒程。正直気にならないけどね。

「死にゲー」というとにかく死にまくるゲームにとって大切なもの。それはローディング力。

結構コレは重要なことだし、リトライ時が速いことをもう少し注目したほうがいいのではないかな?

本編【体験版Ver】

軽くチュートリアルを終えると目の前が真っ白。

目を覚ますと目の前に露出の激しい女の子が出現。導かれるままについていくと強そうな吸血鬼(レヴナント)に2人共捕まることに。レヴナントは「血涙」というモノが無いと生きていけないらしい。他にもレヴナント達が捕まってたっぽいね。

で、強そうなレヴナントに「血涙探しに行けオラ!」って言われたもんで、しょうがなく地下へ探索することになった。

↑ヤドリギではHPの回復やレベルアップなど行える休憩所的な場所。

基本的にNPC(バディー)と2人一組で行動。当然一人で行動も可能。

最初のバディーはオリバー君。ハンマー使い。

オリバー君は良くしゃべってくれるし道中でアイテムの取り忘れが少ないうえアドバイスまでしてくれたので、一人じゃないという安心感は良く出ていたと思う。しかも強い。ちょっと強すぎかも。

マップは基本一本道。進みつつ武器や攻撃方法も確認しておかないと。

↑敵は堕鬼(ロスト)と呼ばれる吸血鬼のなれの果て。最初だからか速攻で撃破。

プレイヤーの初期装備は「鉄パイプ」。攻撃力は無いけど扱いやすく、ステップ移動&回避はかなり便利な印象。まぁ、途中で手に入る斧に交換したんだけど。

扱える武器の通常攻撃モーションは全体的に違和感無く流れるように攻撃出来た。弱攻撃が□ボタン、強攻撃が△とちょっと独特でスタミナ管理が重要って感じ。

敵は「弱い」というか少し「動いてくれない」に近い。最初だからなのか体験版だからなのか、完全にやられにいってる感の敵達。盾持ちはとか巨人みたいなのは良かったほう。

敵の背後に近づいてバックスタブとか崖からジャンプ攻撃が出来るようだけど、有効範囲が分からずちょっと不親切感はあったね。ここから有効だよ!っていうのが欲しいかな。

途中でオリバー君と別れて道なりに進むと片手剣使いのルイ君と出会う。一緒に先に進みボス戦へ。

軽くネタバレになってるけど、ボスは堕鬼と化した「彼」でした。

手にしたハンマーは攻撃力が高く2発くらい受けたら瀕死なほど強力!動きも意外と速いけど大体NPCが強力なんで、HPを回復しつつヒット&アウェイ戦法でなんとか撃破。

悲しいけどコレ、戦争なのよね。そう言わざる負えない、そんな戦いだった。

一応これで体験版のストーリーは終了。ここまでは以前行われたネットワークテストの修正版の内容らしいです。

ここからは、ちょっと追加された「スペシャル深層フィールド」も攻略していきます!

その前にプレイヤーが活動する「拠点」ってこんな感じ↓。

拠点

バーカウンターがあるオシャレな建物の中に武器屋、アイテム屋が常設。ここではキャラの外見変更やストーリー確認・セーブなどが行える場所です。

小ネタなのか、ラジオとジュークボックスからBGMも流せました!3曲ほどとちょっと少なめ。

椅子やソファーに座ることも出来るので自身のキャラクターを眺めることも可能。お気に入りをスクショして披露する遊び方も出来そうですね!

奥にある「お風呂」は・・・、何に使うんだろうね??

スペシャル深層フィールド【体験版Ver】

「深層」は通常の堕鬼自体は強くはなく、体験版ということなのかマップも短め。一部進んでいくとモンスターハウスの様な堕鬼ラッシュがあるので注意は必要!

道なりに進んでいくと、ボスっぽい堕鬼と遭遇。「女王の尖兵」っていうらしい。斧的な武器を装備してるから遅い動きをするのかと思ったら全然速く、速攻で瀕死に!

尖兵は近接だけでなく薙ぎ払いから赤いオーラを飛ばしてくるようで離れていても危険な状態が続いたけど、こっちもメイン攻撃をバディーに任せつつ応戦し撃破。

道中に「鍵」をゲット。何に使うんだろ?

来た道を戻り、別な道へ。

最奥にてボス戦。「猛りの女傑」という巨人的なボス2体同時でした。

ハンマーをブン回してくるので追い込まれやすい状況が多々あり、バディーが攻撃している堕鬼から一緒に攻撃していないと先にバディーが力尽きる事態に!何度目かのトライで撃破。

また道中に「鍵」ゲット。どうやらスタート地点に扉がありソレを開くのに使うらしいです。

扉を開けて奥へ。

なんか、本気でヤバそうなボス「女王の騎士」出現。

序盤から広範囲の薙ぎ払いから高速突きで圧倒されて秒殺、かなりの強敵ですわ~。

高速突きは本気で突進力が凄いので来るとわかった時に回避しておかないと間に合わない位速いです!

どうにかHPを削るとなんだか様子が変わり後半戦へ・・・。

全身を赤いオーラで包み込み、上空から剣を叩き下ろす。しかも高速移動しながらね!

バディーも途中で力尽きるし、圧倒的な攻撃力と移動速度の前に敗戦の連続。

最終的にレベルを50オーバーにして無理やり倒す手段で撃破!でも、戦闘の後半戦からは本当に緊張感があり一発ダメージを受けたら全滅という状態が何度もあったので、この「女王の騎士」との戦いが一番楽しかったのは間違いない。

いや、本当に強かったよ!

倒したけど、これといって何かあるわけではなかったのでコレにて体験版は終了。

体験版の総評

やはり、キャラクリエイトが楽しいことや武器防具のデザインがかなり凝っているなっていう感じで個人的には好印象。リトライも速い点もGOOD。

ただ、新規タイトルという部分もあるけど調整は今の時点では粗さは目立つかな。

・「吸血」「特殊吸血」の溜めや演出が長いので使いづらい。コンボ「吸血」が難しい。

・「錬血」の効果を目立つようにしてほしい。特に補助系の効果が発動しているのかが分かりづらい。というよりエフェクト全体が控えめに感じる。

・通常の敵にアグレッシブさが足りない。乱入時の感じが丁度いい。

・ガードして戦うのが基本なのか?回避しつつ戦うのが基本か?と今の段階で微妙なスタンスなゲームという印象。ガードしてもHPは削られるよ?高速吸血でHP回復しないのかな?っていう願望。

・用語とかの説明不足。

まだまだ気になる部分はあるけども、キャラの良さや基本的な仕様は気に入っているので調整が入るんであれば良作な新規タイトルになるんじゃないかと思うキラリと光るようなゲームかも知れないね!