【MHWI】悉くを滅ぼすネルギガンテを倒しに行く!MR99→MR100へ。【モンハン:アイスボーン】

どうもです。mitsuです。

アイスボーンのエンディングを迎えてからガンランスだけじゃなく他の武器も使ってみようかな?って思っていたこの頃ですが、なんだかまた調査班リーダーから呼び出しが。

なんか探してたネルギガンテが見つかったそうな。そういえばアイスボーンの物語には終盤にしか関わってないからいつ戦えるのかずっと気になってたよ!・・・ゴメン、正直忘れてた!

どうやらMRがいつの間にか99になっていたのがイベント発生の条件らしいです。結構戦ってたもんだ。

戦えるっていうんだから行くしかないよね。相手は終盤で戦ったヤツの本気バージョンなのでしっかり準備していきました!ネルギガンテは導きの地にいるようですよ。

今回も武器はガンランスでディオスバスターIIを使用しました。砲撃を使う暇がないときにチクチクして爆破させようかと思い採用。切れ味も白ゲージまであり爆破値480とかなり高い点はGOOD!

体力や防御力に不安を残すので攻撃珠の代わりに体力珠を2個付けて180まで上昇。装備品には防御の護石Lv4を装備して900オーバーまで防御力を上げてますよ~。これだけ防御重視なら戦えるはず!

装備構成やスキルはこんな感じ。火力を維持しつつ防御も落とさないようにしています。※画像では体力珠1個しか付いてないですねこれ。

愛しの君とこの世のはたて

導きの地の荒地エリアにてネルギガンテを発見。専用ムービーが入るのかと思ってたら普通に散歩してたわ。MRランクらしく体格はかなり大きく、異常に発達した前足の棘が特徴的ですね。

初回から私は伝家の宝刀「盾チク」をひたすらボディーブローのように連打。この悉くを滅ぼすネルギガンテは棘に攻撃が通りやすいので、正面からではなくネルギガンテから少し横辺りから攻撃してました。

「竜杭砲」についてはオトモアイルーの方にネルギガンテが攻撃してくれるので打ち込めるスキは意外とありましたよ~。攻撃の的を散らすために戦う前にオトモダチも呼んでおいたほうがより安定するのかも。今作が一番優秀なニャンコなんじゃないかな?

↑気付いた時には受けている翼を地面に付けてからの突進。もう画面が棘だらけ。

ネルギガンテの攻撃は通常種と基本同じで叩きつけ・薙ぎ払い・突進・尻尾・棘飛ばしなどありますが、どれも強力でなので2~持って3回位連続で攻撃されると一気に危険領域へ。一回受けたらガードしつつオトモからの回復を待つかこまめに回復薬を使って対処してました。

事前に発達した前足の棘を破壊しておくことで飛ばしてくる棘は弱体化するようなので、まず棘破壊を中心に戦っていくのがオススメです。

攻撃で特に注意したいのがネルギガンテの前必殺技で「破棘滅尽旋・天」という攻撃。

↑この咆哮後にネルギガンテ最大の攻撃が!真下と扇状に発射される棘は超危険です!

空中へ飛び上がり猛スピードで突進してくる技があったんですが、ソレが更に強化されて咆哮後に真上に飛び上がりそのまま直角落下し衝撃と前両足から棘が発射される大技に進化。直撃すると一気に裂傷状態付きの瀕死か1デスの可能性大。

ガードが出来る武器じゃないと咆哮後からの攻撃は避け切れない場合が多いので武器によっては耳栓スキルを付けておいても良さそうですよ。但しガードしても体力が削られる攻撃も多いのでガード性能Lv5でも鉄壁ではないから体力管理は重要ですが。

爆破属性のガンランスのおかげで手数が少なくても追い込むことに成功!しっかり寝てる最中に大タル爆弾と竜撃砲も当てました!ネルギガンテも最後の怒り状態から討伐へ。

討伐すると導きの地の地帯レベル7まで上昇可能となり、MRも上限解放になったのでMR100以上上げられるようになりました!

ようやくネルギガンテの武器防具も作成出来るようになりましたよ!

新防具:EXゾーク

EXゾークのシリーズスキル加速再生はEXゾーク防具が2個と少なく発動できるので今後歴戦古龍とか戦っていくにはかなり便利なスキルですね!

EXゾークαはデフォルト状態では大剣やハンマーなどの高火力武器と相性が良さそうかな。EXゾークβは各防具にスロット4が付いているので他の防具との組み合わせがしやすいかも知れないですよ。

ざっくり防具はこんな感じ。

長かった。初めて悉くを滅ぼすネルギガンテを見た後がMR20前後だったかな?そう考えると随分再登場まで引っ張ったねカプコンさん。勘弁してよ。まぁ好きなモンスターだったから許そう。

ということで今回はここまで。倒しただけで大満足ですわ!これ周回出来るのか分からないけど、難しかったら野良マルチでヘルプしつつ素材集めしてようかな。いや本当に装備が楽しみでしょうがないです!

ゲーム

Posted by mitsu-san